<< 民主・小林議員の会計責任者、資金受領認める(読売新聞) | main | <普天間移設>石破自民政調会長が政府の迷走ぶりを批判(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


元部下、2人殺害認める=強盗目的は否定−裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)

 鳥取県米子市で昨年2月、勤務先の会計事務所社長ら2人が殺害されるなどした事件の裁判員裁判の初公判が23日、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)であり、強盗殺人などの罪に問われた元部下の影山博司被告(55)は2人の殺害は認めたが、強盗目的は否定した。
 影山被告は「強盗目的で2人を殺害したというのは事実と違う」と述べ、裁判長から「殺害は強盗目的ではなかったということか」と問われると、「はい」と答えた。弁護側も強盗殺人罪は成立しないと争う姿勢を示した。
 これに先立ち、同被告は「一言だけ」と前置きした上で、「取り返しの付かないことをした。2人や遺族に大変申し訳ない」などと謝罪した。
 強盗殺人の法定刑は死刑か無期懲役で、複数が死亡した事件の裁判員裁判は初めて。検察側は死刑を求刑する可能性がある。裁判員は男性4人、女性2人。補充裁判員は男性2人、女性2人。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
少女側が告訴取り下げ=元Jリーガー釈放
「死刑反対」で裁判長から質問も=裁判員選任手続きで-2人死亡強盗殺人・鳥取地裁

ハイチ大地震 陸自医療援助隊の100人帰国し解組式(毎日新聞)
<鳩山首相>子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話(毎日新聞)
「この台出る」特別背任容疑=元パチンコ店員ら逮捕−兵庫県警(時事通信)
特別入基料の要件に追加項目を―自治労(医療介護CBニュース)
企業・団体献金の早期禁止を 民主に弁護士ら要望(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • 14:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
無料ホームページ
クレジットカード現金化 即日
情報商材
債務整理
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    みっくみく (08/28)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    きなこ (04/23)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    カドルト (01/10)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    道隆 (01/04)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    タンやオ (12/31)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    こういち (12/26)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    晶太郎 (12/21)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    パイン (12/11)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    夜沢課長 (12/07)
  • 貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕(産経新聞)
    ちんたまん (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM